手芸部から大切なお知らせ

この3年間。

渋谷という街で編み物のワークショップを続けてきました。

はじめは部長の兎村と副部長Aちゃんの2名で始めました。

当初はご予約していただけるお客様もほとんどなく試行錯誤でした。

 

HPという特性を生かして、編み物のジャーナルを配信したり、

LINEというサービスを利用したり、SNSをうまく使ったり。

 

地道な活動で、1年目が終わる頃には予約で満席が続くようになりました。

人数も増えたので、アシスタントMちゃんもスタッフに加わり、3名体制となりました。

 

2年目に入り、まとめサイト(キナリノやNEVERなど)にまとめられ始めると、

アクセス数も飛躍的に伸び、

予約がなかなか取れないワークショップに成長しました。

コーヒースリーブやニット帽など、手芸部で考えて今の時代に合った編み物を開発していきました。

 

そして2016年3月。3年目のシーズンが終わろうとしています。

3年という素晴らしい時間を手芸部という、大人の放課後としてとても楽しく運営させていただきました。

私たちスタッフも成長し、来て下さる部員のみなさまの笑顔やメールが励みでした。

 

もうすぐスタッフが結婚をします。少し遠くへ引っ越します。

実はこの手芸部運用中に、私、兎村も結婚をしていました。23区から出て少し遠い自然のある場所に住んでいます。

さらにもう1人のスタッフは夢だった職業につき、あらたな人生のステージに進みます。

偶然にも3名の人生が、ちょうど前へ進む時期が重なりました。

そこで何度も話し合ったのですが、なかなか月に2回編み物のワークショップを開催することが難しくなってきており、

2016年3月を持って、渋谷での編み物ワークショップは終了することとなりました。

 

3年間、場所を提供して下さったPoRTALのみなさま、サポートして下さったパピーのみなさまに感謝いたします。

ありがとうございました。

 

部員のみなさま。

私たちの編み物ワークショップは少しでもお役に立てたでしょうか?

大人の放課後は楽しかったでしょうか?

編み物は一度指で覚えてしまえば、いつでも思い出せるとても楽しい文化です。

私たちの活動は修了しますが、みなさまと繋がった毛糸の絆は決してなくなりません。

これからも、寒い季節がやってきたら、自由気ままに編んでいこうと思います。

 

なお、この手芸部のサイトはそのまま残します。

時々、記事も更新するかも知れません。

いつかまたスペシャルというカタチでワークショップを開催するかもしれないので、

LINEもSNSもそのままにします。

渋谷でのワークショップのみ、3月で修了とさせていただきます。

 

3年間、本当にありがとうございました。

またいつかみんなで部活が出来るその日まで。

いつでも編み物をしたら、そこが手芸部です。

 

 

2016年3月1日

部長 兎村彩野

 

Share on Facebook78Tweet about this on TwitterShare on Google+0Pin on Pinterest0
Share on LinkedIn0Email this to someone